大豆製品

妊活と抗酸化物質について

抗酸化物質とは、その名の通り酸化を抑える働きがある物質です。
野菜や果物や肉などは収穫されて酸素に触れることで腐り、鉄などは錆びてボロボロになりますが、人間の身体も酸化によって病気になり老化現象を早めてしまいます。
ここでは妊活と抗酸化物質の関係について説明します。

人間の身体の中で起こる酸化は、呼吸によって空気を取り入れることによって、酸素が体内に運ばれる過程で活性酸素が発生することをいいます。
もちろん酸素は人間が生きていく上で必要不可欠なモノで、酸素を取り入れることで人間はエネルギーをつくり出しています。
活性酸素自体もウィルスや病原体を撃退してくれる働きをする大事なモノですが、活性酸素を多くつくり過ぎると血管や細胞の機能を低下させることにつながり、病気や老化を引き起こしてしまいます。

活性酸素によって老化が早まれば、卵子も同様に老いていき、卵子が老化すればその質が落ちて正常な卵子がつくられない原因になります。
卵子に限らず身体が老いていくほど妊娠しにくい身体になってしまいます。
したがって、活性酸素を増やして老化を早めることは妊活に悪いことだといえます。

卵子の老化を遅らせるには、食事面も含めた規則正しい生活を心掛けることです。
肥満も排卵障害を起こすリスクが高まるので、太り過ぎには注意しましょう。
またタバコは卵子に悪影響を与え、さらに精子の質にも量にも影響するため、妊活中は男女共に禁煙することをおすすめします。

そして老化を抑えるには、抗酸化物質をすすんで摂取することをおすすめします。
体内にもたんぱく質や酵素などの抗酸化物質は存在していますが、年齢を重ねる度にその生産量はどんどん減少していきます。
そのため普段の食事やサプリメントなどから、ビタミンやミネラルやポリフェノールなどの抗酸化物質を取り入れることがおすすめとなります。
ビタミンEや葉酸などは妊活中に摂取することが推奨されているので、積極的に取り入れるといいでしょう。

このように、妊活中には意識的に抗酸化物質を摂取することがおすすめとなります。
特に年齢が高い人ほど、体内の抗酸化物質が少ない状態にあるので、積極的に取り入れましょう。